破産とは?よくある質問

借りたい時に便利に借りれる消費者金融のキャッシング。
しかし、1/3以上借りられる総量規制対象外のローンでまとめるなど計画的に利用しなければ、複数借入により借金はどんどん膨れ上がってしまうのが現実です。

 

もし、もうどうにもならない、返済ができないという場合、自己破産を考える方もいるかもしれません。
なぜ自己破産を考えるのでしょうか?

 

それは、一般的に自己破産イコール借金が0になるというイメージを持たれている方が大変多いからです。
しかし、自己破産を選択したからといって借金が0になるとは限りません。

 

破産宣告はただ破産を宣告しただけ、借金の支払いが不可能になった事を宣告しただけです。
債務の免責が認められなければ借金は0にはなりません。

 

この債務の免責とは、自己破産の申し立てと同様に裁判所に債務免責の申し立てをし、裁判所がそれを認めれば残りの借金を返済する責任がなくなる、つまり免責されることを指します。
ただ、債務の免責を認めてもらうには条件があるのです。

 

なんでもかんでも免責されるわけではありません。

 

例えば、浪費が原因で借金をした、ギャンブルが原因で借金をした、返済できないのに故意に借金をした。
このような場合は債務免責が認められない理由に該当するので免責してもらうことはできません。

 

決して自己破産をすればすべてから解放されるという考え方は持たないようにしましょう
実際自己破産をするとたくさんの自由を奪われます。

 

もし、借り入れがどんどん増えていて不安に感じているなら、できるだけ早く消費者金融会社の担当者に相談しましょう。
または、司法書士や弁護士に相談し、専門家の知恵を借りましょう。

 

破産した人はもう借り入れできないか?

では過去に自己破産した人は、消費者金融でキャッシングすることはできないのでしょうか?
自己破産や債務整理をした場合は、その会社では何年たとうが借り入れは出来ないと考えましょう。

 

なぜなら、自己破産等の情報は基本的に5年で消え、信用はまっさらな状態に戻りますが、その業者のデーターベースには残っているからです。
ですから自己破産してから5年以上経過していて、どうしても借り入れを申し込みたいと思う場合は、自己破産の手続きをしたことがある会社は除き、大手の消費者金融会社へ申し込むなら、もしかしたら審査に通るかもしれません

 

しかし、消費者金融は融資する際、毎月きちんと返してくれるという信用を重視しますので、審査には時間を要するかもしれません。

 

もし会社が破産してしまったら?

それでは逆に、消費者金融会社が倒産した場合、その会社で借りていたお金はもう返さなくてもよくなるのでしょうか?
そんな事があったら嬉しいですが、現実はそんなに甘くありません。

 

民事再生により事業を継続する場合もありますし、破産した場合でも必ずどこかの会社が債務に対する債権を引き継ぎます。
返済する会社が変わるだけであって、お金を返さなければならないという現実は変わりません。

 

ただし、会社が変わることで借金の返済が少なくて済むようになる場合もあります。
なぜなら、新しい会社が債権を引き継ぐ際に実際の金額より安く債権を入手することがあるからです。

 

ですから、会社が変わった時点で交渉してみてもよいかもしれません。
また、会社が変わることによって返済方法が変わる場合もあるので注意が必要です。

 

例えば、分割で返済していたのを一括で返すよう要求されるかもしれません。
その場合は新しい会社とまず相談するようにしましょう。

 

また、長い間コツコツと返済を続けていた方は過払い金が発生している可能性があります。
過払い金とは消費者金融会社などが取り過ぎた利息のことを指します。

 

近年法律が変わり、この消費者金融が取り過ぎていた利息分を、返金手続きをして取り戻すことができるようになったのです。
取引の期間が長いほど、多くの過払い金が発生している可能性が高いのですが、もし借り入れしていた消費者金融会社が倒産または破産してしまった場合、この取り戻せるはずの過払い金が激減してしまったり、申請すらできなくなってしまう、つまり一円も戻ってこないという事態になりえるのです。

 

ですから、過去に借り入れしていた、または現在返済をされている方は一度過払い金がないかどうか確認してみるのもよいかもしれません。

 

お金に本当に困っている人にとって消費者金融のキャッシングは本当に助かりますし、賢く使えばとても便利なものです。
しかし、借金は借金です。

 

借りている金額が多ければ多いほどかかる利息も増えていきます。
ですから、借り入れを申し込む時には必ずきちんと返済計画をたて、金利の低い会社を探し、毎月必ず返済していくように心がけましょう。

 

そして臨時収入があった時にはついつい欲しいものを買ってしまいたくなりますが、まず借りているお金を早く返済することを優先したいものです。

この計画性と自制が破産という悲惨な結末を避ける大きなポイントでしょう。